サラシアレティキュラータ(コタラヒムブツ)スリランカ産

「サラシア」はこんな方にお薦めです

  • 糖化対策(抗糖化)で予防と美容を大切にしたい方
  • 糖尿病を予防したい方
  • 食事の糖と脂の心配を軽減したい方
  • 免疫力を向上させたい方
  • 生活習慣病を予防したい方
  • 肥満からの高血圧・動脈硬化を予防したい方
  • 健康的にダイエットしたい方
  • お肌のエイジングケアをしたい方
  • 腸内環境を整えたい方
  • 健康維持をめざす方

サラシアレティキュラータとは

サラシアレティキュラータ(コタラヒムブツ)スリランカ産
サラシアレティキュラータ(コタラヒムブツ)スリランカ産

 サラシアとは、植物学でニシキギ目デチンムル科に分類されるサラキア属植物の俗称でつる性樹木のハーブです。
 学名:サラシアレティキュラータ(Salacia reticulata)は、スリランカのみに生息し、現地ではシンハラ語でコタラヒムブツ(Kothalahimbutu)と言い『神の恵み』という意味だそうです。

 とても暑い国スリランカでは、生きるためのエネルギーとして、日本では考えられないほどの糖分を摂取したり、脂肪分の多い料理を食べる食文化なのです。しかし、加齢とともに代謝効率・抗酸化力・抵抗力などの機能が低下することにより、やがて健康には大変なリスクになってしまいます。
 最近、注目のサラシアですが、スリランカではかなり古くから、糖尿病の予防と改善に良いとして、薬として使われてきました。
 一般的には幹を削って粉にしてから煎じて飲まれてきましたが、スリランカの王族や富裕層の人々は、サラシアの幹を削ってコップを作りそこに水やお酒を入れて飲むという方法で、血糖値対策をしてきたといわれます。
 サラシアは、世界最古の伝統医学アーユルヴェーダのなかで、スリランカの人々の健康を糖と脂の食文化から守ってきたのです。

スリランカだけに自生する大変貴重な薬効植物

 「スリランカ産のサラシアレティキュラータ(コタラヒムブツ)」と「インド南西部に自生するサラシアオブロンガ」は、学名は同じでも全く違う植物です。
 スリランカ国立研究機関の発表では、もともとは同じ種類であったものが、インド大陸とセイロン島(スリランカ)とに分離されて以後、数千年というとても長い期間を経て、気象条件・土壌などの環境の違いにより、全く別のものに変化してきたとのことです。
 「サラシアレティキュラータ(コタラヒムブツ)」は、スリランカ(セイロン島)のみに生息するハーブです。

サラシアの木片

サラシアの木片

 サラシアレティキュラータ(コタラヒムブツ)は、伐採・輸出がスリランカ政府により厳しく制限され、輸出も日本を除いて原則的には禁止されています。だから、「幻のハーブ」とも言われるほど貴重な種なのです。
 日本に入ってきているサラシアは、スリランカ産はわずか5%程度で、残りの大半はインド産のサラシアオブロンガと言われています。

 スリランカでは、古くから健康を守るために飲まれてきたサラシア茶ですが、原木の根や葉を使わず、幹のみを使用します。ですから、ほのかな香り以外はイヤな癖や土臭さは全くありません。美味しいとさえ言われています。

 スリランカ産のサラシアの特徴としては、広大な国土面積のインドと違い、スリランカの国土(セイロン島)は狭く自生地全体がほぼ同じ気象条件ということから、効能・品質が安定しており、絶対的信頼があるとされています。

 2005年3月には、日本の農林水産省が、スリランカ産のサラシア(コタラヒムブツ)が持つ食品としての特徴を審査した結果、「農林水産省総合食料局食品産業振興課推薦No.18食品」として登録しました。

サラシアレティキュラータの有効性(効果効能)

血糖値の心配をサポート

 サラシアの人気の秘密は、何と言っても血糖値のサポートとダイエット効果です。まずは、糖質の分解吸収の仕組みから理解すると良いでしょう。

糖質の分解吸収の仕組み

 炭水化物などの食物中の澱粉(でんぷんとはブドウ糖がたくさん連なった多糖類)は、唾液に含まれている消化酵素アミラーゼよって、麦芽糖(ブドウ糖が二つ連なった二糖類)に分解されます。アミラーゼは膵臓から出される膵液にも含まれていて、唾液で分解しきれなかった澱粉は、十二指腸で膵液によって麦芽糖になります。この二糖類の時点では糖質はまだ吸収されません。
 そして、小腸に送られ、消化酵素マルターゼ(α-グルコシダーゼ)により単糖(ブドウ糖)にまで分解されます。そこではじめて吸収されるのです。
 また、甘いお菓子・砂糖などのショ糖(ブドウ糖と果糖が1個ずつ結合している二糖類)は酵素スクラーゼ(サッカラーゼ)によって単糖(ブドウ糖と果糖)に分解され吸収するという仕組みなのです。

分解酵素の阻害

 サラシアが注目される理由は、特有成分のサラシノールとコタラノールが麦芽糖を分解する酵素マルターゼ(α-グルコシダーゼ)の阻害と、特有成分のマンギフェリンが、ショ糖を分解する酵素スクラーゼ(サッカラーゼ)を阻害するということです。
 つまり、急激な血糖値の上昇を抑えて糖の吸収を穏やかにすることから、糖尿病の改善やダイエットのサポートに大きく期待されるのです。

ブドウ糖の吸収は阻害しない

 しかし、覚えておかなければいけないことは、すべての糖質を吸収阻害するわけではないということです。元々、食物の中に「単糖(ブドウ糖・果糖)として存在しているものはそのまま吸収される」ということです。つまり、脳のエネルギー源であるブドウ糖はちゃんと吸収されているのです。ですから、サラシアに頼りすぎて、食べ過ぎてしまうことは余り良くありませんね。

澱粉の分解

ブドウ糖がたくさん連なった多糖類

ブドウ糖がたくさん連なった多糖類……吸収されない

アミラーゼにより分解

アミラーゼ(唾液と十二指腸の膵液)により分解して二糖類の麦芽糖になる

ブドウ糖(グルコース)が2個結合した二糖類

ブドウ糖(グルコース)が2個結合した二糖類……吸収されない

マルターゼ(α-グルコシダーゼ)
により分解

マルターゼ(α-グルコシダーゼ)により分解されて単糖類のブドウ糖になる

ブドウ糖(グルコース)

単糖類……吸収される

ブドウ糖がたくさん連なった多糖類

ブドウ糖がたくさん連なった多糖類……吸収されない

アミラーゼにより分解

アミラーゼ(唾液と十二指腸の膵液)により分解して二糖類の麦芽糖になる

ブドウ糖(グルコース)が2個結合した二糖類

ブドウ糖(グルコース)が2個結合した二糖類……吸収されない

マルターゼ(α-グルコシダーゼ)
により分解

マルターゼ(α-グルコシダーゼ)により分解されて単糖類のブドウ糖になる

ブドウ糖(グルコース)

単糖類……吸収される

ブドウ糖(グルコース)

 ブドウ糖(グルコース)は、体内に吸収され、グリコーゲンとなり、体内の臓器や筋肉でエネルギーとして蓄えられる。グリコーゲンは、一番エネルギーに変換され易い栄養素で糖質(ブドウ糖)がたくさん繋がった構造になっています。

ショ糖の分解

ショ糖

ブドウ糖(グルコース)と果糖(フルクトース)が連なった二糖類……吸収されない

スクラーゼ(サッカラーゼ)により分解

スクラーゼ(サッカラーゼ)により分解されて単糖類のブドウ糖と果糖になる

ブドウ糖と果糖

単糖類……吸収される

ショ糖

ブドウ糖(グルコース)と果糖(フルクトース)が連なった二糖類……吸収されない

スクラーゼ(サッカラーゼ)により分解

スクラーゼ(サッカラーゼ)により分解されて単糖類のブドウ糖と果糖になる

ブドウ糖と果糖

単糖類……吸収される

果糖(フルクトース)

 体内では、エネルギー源となったり、ブドウ糖に変換されたり、トリグリセリド(中性脂肪)の合成に利用される。

腸内環境(腸内バランス)の活性化と便秘解消にも

 吸収されずに余った糖分は、大腸で善玉菌のエサとなりその活性力は、ビフィズス菌の10倍近いとも言われますから驚きです。活性化された善玉菌は腸を刺激して蠕動運動を活発にするので便秘解消にもつながります。
 ただし、便秘の原因は様々ですので原因対策と併用されることをお奨めします。
 免疫の70%を司る腸ですから、「健康と美容」として、まさに一石二鳥です。

※詳しくは健康雑学「腸内バランスは健康と美容の要」「便秘について」へ

脂肪燃焼でダイエットをサポート

 糖質の吸収阻害だけでなく、サラシアに含まれるテルペノイド類、ポリフェノール類、マンギフェリンなどの成分によって、腸で脂肪代謝酵素を阻害し、脂肪の吸収を抑える働きが確認されています。また体内の脂肪細胞に溜まっている脂肪の分解を促す働きから、脂肪の燃焼効果も期待されます。

 ですから、適度な運動も取り入れることで、効率の良い健康的なダイエットが可能になると思われます。

美肌効果

 「お肌のトラブル解決は腸内バランスの改善から」といわれる程、肌と腸の関係は密接なのです。
 腸内環境が悪くなる習慣(特に食事内容と食習慣)が続くと、悪玉菌が増加してたんぱく質を分解する際に出す有害物質も増加してしまいます。さらに便秘を伴なうと有害物質が排泄されないため、大腸から吸収されて、血液を介して全身を巡ります。その結果、ニキビや吹き出物、シミ、肌荒れなど、様々なトラブルが起きてしまうのです。

美肌

 しかし、食事の前にサラシアを摂取することで、糖分が吸収阻害されて、余った糖質が大腸で「善玉菌のエサ」となって腸内バランスを整えてくれるのです。その活性力はビフィズス菌の10倍近いともいわれる程です。免疫機能の70%は腸内細菌に由来します。まさに美容と健康の要は腸ですね。

エイジングケア(アンチエイジング)にも

 活性酸素は、シミの沈着やシワの原因になりますが、サラシアに含まれるポリフェノールやトリテルペン類などの抗酸化成分が、活性酸素を消去して肌の老化(酸化)の予防もサポートします。
 サラシアの抗酸化作用と腸内環境の改善のダブルパワーで美肌効果が期待されています。

今、話題の「糖化」対策にサラシア

 病気と老化の原因とされる「活性酸素」と同じく病気と老化を加速させる「糖化」が問題視されています。

 糖化とは、糖とタンパク質が結びつき、熱により変異劣化する事をいい、ホットケーキがこんがり褐色に焦げる事(メイラード反応)に例えられます。

 体内でエネルギーとして消費されなかった余分な糖と身体の重要な構成物質であるタンパク質が結びつき、そこに体熱と時間が関わって「AGEs(終末糖化産物)」を作ってしまいます。
 恐ろしい事にこの「AGEsの多くは代謝される事なく体内に蓄積」してしまいます。言い換えれば、身体中に「おこげ」が増えていくのです。

 コラーゲン・エラスチンなどのタンパク質は、身体中の血管や肌の弾力、健全な臓器、強靭な筋肉や骨、髪の毛などを保持していますが、これが糖化によって変異劣化して機能しなくなるという事は、とても大きなダメージなのです。
 そして、生活習慣病・肌荒れ・くすみ・シワ・アルツハイマー型認知症・白内障等、健康と美容の様々な問題を引き起こしてしまうのが「糖化」なのです。

 しかし、この飽食の時代に糖化と無縁の食生活をするのは、ほぼ不可能です。そして、美味しい物ほど糖化を引き起こしやすい物が多いのです。

 だからこそ、余分な糖分を減らすためにもサラシアが活躍してくれるのです。

 サラシアは糖化対策として、血管の弾力、美肌、腸内環境などのサポートに大変優れていると言えます。

健康雑学 > 糖化について

注意点と副作用について

 サラシアの特有成分であるサラシノール、コタラノール、マンギフェリンやサラシアに多く含まれる食物繊維は、栄養の吸収を妨害することで糖質・脂質の過剰な摂取を防止したりダイエット効果につながったりしています。ですから、栄養を必要とする場合、栄養不十分な場合は注意が必要です。

 糖尿病の治療のためにインスリンや治療薬を使用中の方は注意が必要です。低血糖になりすぎる場合があります。必ず医師に確認してから使い方を考えましょう。また、透析治療中の方も使用を避けて下さい。

 妊娠中・授乳中・生理中の女性は、食物繊維を過剰に摂りすぎてしまうと鉄分などのミネラルの吸収量を低下させてしまい、生理中の女性の貧血を悪化させることも予測できます。妊娠中・授乳中の栄養が必要になる期間も控えた方が良いでしょう。下痢気味の方、病気で体が弱っている方、食欲の無い方などは栄養が必要です。栄養が多く流出してしまうリスクを避けましょう。

 サラシアには便に水分を多く含ませる働きがあるので、下痢ぎみの方は胃腸のコンディションの良い時に使うことをお奨めします。

 常識の範囲以内(大量摂取を避ける)での使用では、際立った副作用や問題の報告は上がっていませんが、治療中・お薬使用中・その他心配な点がある方は、医師・薬剤師に相談してください。


大切なメモ

大切なメモ

大切なメモ

ここで取り上げた情報は、様々な機関の研究データ・実験データ・臨床結果・文献などから、一般的に言われている内容をまとめたものです。一般に販売されている商品の効果効能を保証するものではありません。

ここで取り上げた情報は、様々な機関の研究データ・実験データ・臨床結果・文献などから、一般的に言われている内容をまとめたものです。一般に販売されている商品の効果効能を保証するものではありません。


お勧め商品のご紹介

神の恵みの葉

 「神の恵み」と言われるスリランカ産「サラシアレティキュラータ(コタラヒムブツ)」の葉を100%使用した贅沢な「サラシア茶」です。

神の恵みの葉

 「神の恵み」と言われるスリランカ産「サラシアレティキュラータ(コタラヒムブツ)」の葉を100%使用した贅沢な「サラシア茶」です。

t-herb

  • 「t-herb Yahoo!店」(外部リンク)へ移動
    インターネットで「Yahoo!店」から商品を購入
    ※「クレジット」「コンビニ払い」「ソフトバンクまとめて支払い」「ドコモ ケータイ払い」「auかんたん決済」「モバイルSuica」
  • 「t-herb 楽天市場店」(外部リンク)へ移動
    インターネットで「楽天市場店」から商品を購入
    ※「クレジット」「楽天バンク決済」「銀行振込」「コンビニ払い」「auかんたん決済」「iD決済」「楽天Edy決済」
Page Top
戻る