チャーガ(カバノアナタケ・シベリア霊芝)

「チャーガ」はこんな方にお薦めです

  • 免疫力を向上させたい方
  • 生活習慣病を予防したい方
  • 高血圧・動脈硬化を予防したい方
  • 糖尿病と合併症を予防したい方
  • アレルギー症状でお悩みの方
  • お肌のエイジングケアをしたい方
  • 眼精疲労でお悩みの方
  • 加齢臭が心配の方
  • 腸内環境を整えたい方
  • 健康維持をめざす方

チャーガとは

チャーガ

チャーガ

学名「inonotus obliquus」「fuscoporia obliqua」
和名「カバノアナタケ」
英名「chaga mushroom」
別名「シベリア霊芝」
俗名「奇跡のキノコ」「森のダイヤモンド」「幻のキノコ」「森の奇跡」

 チャーガとは、和名「カバノアナタケ(樺孔茸)」という白樺やダケカンバなどのカバノキ科の幹に寄生するキノコです。別名を「シベリア霊芝」と言い、サルノコシカケ(霊芝)の近種です。
 寄生した白樺の樹液を10~15年も吸収して育ち、そして寄生した木を枯らせてしまいます。

白樺の木々

白樺の木々

 白樺は極寒の地で育つために大変豊富な栄養素を蓄えています。特に白樺の樹皮や樹液には、多糖類、サポニン、有機酸、ミネラル、アミノ酸などの有効成分が豊富に含まれています。アミノ酸としては体内で合成できない必須アミノ酸が多く含まれ、美肌効果が期待できます。樹液は人工甘味料キシリトールの原料になるものや、肌の保湿を促進する成分を含むことから化粧品にも利用されたり、抗菌成分や抗炎症作用をもった成分が含まれ、外用薬として皮膚病や関節炎などの治療に使われています。
 また、樹皮に多く含まれる「ベツリン酸(betulinic acid)」は特に注目な成分で、がん細胞の「アポトーシス誘導作用(がん細胞の自殺現象)」や「血管新生阻害作用(がん細胞が転移先で根付き拡大するための血管新生を阻害)」などが報告されています。

白樺に寄生するチャーガ

 チャーガはそれらをほとんど吸収してしまい枯らせてしまうわけですから、チャーガが栄養の宝庫と言われるのも納得できます。

 チャーガは、白樺の木2万本に1本しかないといわれる程、大変稀少な「奇跡のキノコ」で、「森のダイヤモンド」「幻のキノコ」「森の奇跡」の異名を持ちます。

 ロシア・日本の北部地方・中国の東北地方・北米・ヨーロッパ北部の一部の寒い地域に生息し、普通のキノコとは違い、黒くて硬い塊です。

チャーガの歴史

寄生するチャーガ

寄生するチャーガ

 チャーガの歴史は古く、1991年9月19日イタリアのオーストリアとの国境の街ハウスラプヨッホ近郊、エッツ渓谷(海抜3,210m)の氷河の中から新石器時代後期(5,300年前)の凍結ミイラ(通称「アイスマン」)が発見され、その携帯品にチャーガがあり、治療目的で所持していたと推定されています。

 また、十六世紀のロシア皇帝ロマノフがチャーガで口唇ガンを治したと伝えられています。
 チャーガは一般的にはお茶として飲まれます。チャーガ茶は癖が無く、とても飲みやすい健康茶です。

 世界中にチャーガが広がったのは、ロシアのノーベル賞作家アレクサンドル・ソルジェニーツィンが、小説「癌病棟」でチャーガを紹介したことがきっかけとなりました。作者自身がガンを患い、チャーガの服用で完治した実際の経験をもとに書かれた小説です。

 今では、世界中で健康と美容のための理想的食材として注目されるようになりました。

 1983年にロシア薬局方指定医薬品として、チャーガの抽出液から作られた「ベフンギン」という抗がん剤が認められ、各病院や研究機関でガン治療の実績を上げています。

チャーガの研究

白樺

白樺

 チャーガの産地では 健康維持・治療・予防のために、お茶や薬用酒にして飲む習慣がありました。その効果は、民間薬としてはずっと古くから認められていましたが、本格的に研究が始まったのは1950年以降とされています。

 チャーガは、ロシアで研究開発が進み、今では医療薬として臨床で使用され、ロシア赤十字社はチャーガを主成分とした薬を抗がん剤として販売しています。

 日本ではチャーガの研究は、1996年から静岡大学故水野卓名誉教授のグループから始まり、その後は大学や機関などで研究が続いています。

チャーガの注目される特長と成分

強い抗酸化で予防とエイジング「SOD様物質」

SOD様作用物質含有量グラフ

SOD様作用物質含有量グラフ

 病気と老化、さらには、様々な不調の原因の90%といわれる活性酸素ですが、私たちの身体の中には、過剰に発生した活性酸素を消去してくれる抗酸化物質が存在しています。その代表的なものが「SOD(スーパーオキサイドディスムターゼ)」です。しかし、20歳をピークにSODは低下し、40歳を過ぎたころには、ほぼ半減してしまいます。健康面、美容面とさまざまな不調が、年々増えてくることにも大きく関わっています。
 チャーガにはこのSODと同じような働きをする「SOD様作用物質」が大変豊富に含まれていて、その抗酸化力は、ホウレン草の250倍・野菜ジュースの170倍・青汁の60倍。そして、注目されたあのアガリクスの約23倍なのです。

「β-グルカン」や「食物繊維」による免疫細胞の活性化

 私たちの体内には、細菌・ウィルス・がん細胞などの異物が発生するとそれを捕獲して、分析し、抗体を作り、攻撃するなどの「免疫機能」が備わっています。がん細胞でいえば、毎日、数百~数千個(生活環境・体調などの個人差あり)が体内で発生しています。でも、すぐに体中ががんに蝕まれるかというとそうではありません。絶えず免疫細胞が異物の処理をしてくれているのです。
 しかし、生活習慣・環境・ストレスなどで個人差はありますが、加齢とともに免疫力は低下していきます。だいたい20代前半をピークに40代半ばで半減するといわれています。

 キノコ類は免疫力増強作用があるといいますが、これはキノコ類に多く含まれる多糖類の働きです。そのなかでも、特に「β-グルカン」は免疫力を高める働きが強いことがわかっています。
 特にチャーガは、キノコ類の中で、このβ-グルカンが最も多く含まれ、かつて話題になったあのメシマコブやアガリクス茸の3~5倍(100g中10~18g)、ときにはそれ以上含まれているのです。それが免疫細胞マクロファージや、NK(ナチュラルキラー)細胞を活性化したり、β-グルカンによって刺激された免疫細胞から分泌される特殊なたんぱく質「サイトカイン」を増やすことによる免疫細胞増殖作用で強力に免疫力を高めます。
 免疫システムの不具合から起こる様々なアレルギー症状や肝炎・腎炎を予防したり改善をします。体内に侵入した異物(アレルゲン)の分析をするT細胞が判断を下します。そこで過剰な反応をするとアレルギー反応が出るとされています。チャーガに含まれているβ-グルカンは、T細胞のバランスを整えてくれます。
 また、豊富な食物繊維も腸内環境を改善する事により、免疫力をアップさせます。

抗がん剤の副作用を軽減

 「抗がん剤治療と平行してチャーガを摂取すると副作用が軽減した」という報告が多数みられます。これは、チャーガに多く含まれるβ-グルカンの抗がん剤副作用軽減機能です。
 β-グルカンは、抗ガン剤の作用を阻害したり、化学的な影響を及ぼすことが無いとされていますので平行摂取が可能となります。

 抗ガン剤の副作用は、嘔吐・下痢・めまい・脱毛・うつ状態・湿疹・痛みなどの症状がありますが、β-グルカンは、抗ガン剤に対する免疫細胞の抵抗力を高める効果があることから、副作用によるダメージを軽減すると考えられています。

 β-グルカンによって刺激された免疫細胞は、この免疫細胞から分泌される特殊なたんぱく質であるサイトカインを増やすことによる免疫細胞増殖作用から、化学療法時の抗がん剤の副作用軽減のみならず、放射線療法の副作用も軽減できると言われています。
 また、チャーガは放射線の影響で減少してしまった重要な免疫細胞である白血球の数を、回復させることにも大きく関係しています。また、それが食欲低下の防止にもつながることは大変大きな意味を持つとされています。

サイトカインとは

 抗原が感作リンパ球に結合した時に、このリンパ球から分泌される特殊なたんぱく質の総称で、これまでに、数十種類見つかっている。代表的なものにインターロイキン、インターフェロン、腫瘍壊死因子、ケモカイン、コロニー刺激因子、増殖因子などがある。いずれも、免疫系の調節、炎症反応の惹起、細胞の増殖や分化の調整、抗腫瘍作用に関係し、感染防御、生体機能の調節、様々な疾患の発症の抑制に重要な役割を果たしている。

「SOD様作用物質」と「β-グルカン」で美肌をサポート

チャーガの有効成分は美容にも大きな効果を発揮

 チャーガの強い抗酸化作用が、紫外線で発生した活性酸素の攻撃からお肌を守ります。それにより皮膚の代謝機能が回復すると、沈着した色素が肌の表面に押し出され、やがて古い細胞とともにはがれ落ちます。シミだけではなく肌荒れやニキビも活性酸素が関わっていますので、活性酸素から守ることにより肌のトラブルは大幅に減ると思われます。

お肌の免疫力を向上

美肌

美肌

 肌にはランゲルハンス細胞という免疫細胞があります。外部からの菌・ウィルス・カビ・放射線・紫外線などの侵入から肌を守っています。肌の免疫力が落ちると抵抗力が弱まり、肌荒れやニキビなど肌のトラブルが起こります。
 チャーガに多く含まれるβ-D-グルカンなどは免疫細胞を活性化させる力が強いので、肌免疫をも高めてくれます。肌免疫によって肌の抵抗力は高まり、健康でトラブルの起きにくい美しい肌を保つことができます。

「SOD様作用物質」は様々なお悩みをサポート

眼精疲労

 人の身体の中で単位体積当たりで最も酸素の消費量が多いのが「目」なのです。パソコン・スマホなどを長時間見ていると、目が疲れ、さらに続けると痛みとともに視力も著しく低下します。これは、目の毛細血管が活性酸素により炎症をおこしたと考えられます。強い抗酸化作用で予防をしましょう。

加齢臭

 加齢臭の原因は「ノネナール」と言う物質です。ノネナールは、体内で脂質が活性酸素により酸化した「過酸化脂質」と「9-ヘキサデセン酸」が混ざり変化したものです。加齢臭の原因として特定された「9-ヘキサデセン酸」ですが、この物質は若い人にはほとんど存在しない脂肪酸の一種であることがわかっています。
 その加齢臭の原因物質を酸化させる活性酸素が増える原因のひとつにストレスがあります。ストレスと上手に付き合いながら、強い抗酸化作用で予防を心掛けることが大切です。

活性酸素に傷付けられる前に

 抗酸化物質は活性酸素に傷つけられる前に摂ることが大切です。傷や炎症、痛み、疲れ、細胞の変異などが起こった後では効果は少ないと思われます。
 パソコン・運動・タバコ・お酒・紫外線・外食・ストレス・・・その前に摂取できると良いですね。

※その他、活性酸素と症状については「健康雑学 活性酸素」でどうぞ

アポトーシス誘導作用で注目の「ベツリン酸」

チャーガ

チャーガ

 ベツリン酸は白樺の樹皮に多く含まれ、がん細胞のミトコンドリアに作用して、アポトーシス(がん細胞の自殺)を引き起こす作用が注目されています。
 がん細胞と比べて正常な細胞は、ベツリン酸からの反応ではアポトーシスが起きにくいことから、がん治療に期待されています。また、抗がん剤に抵抗性(効きがにぶくなる)を持ってしまったがん細胞に対して、抗がん剤の感受性を取り戻す効果も報告されています。
 ベツリン酸を加工した化合物が、抗がん剤やエイズウイルス(HIV)に対する抗ウイルス薬として開発されており、すでに臨床試験が行われています。
 白樺の木に寄生するチャーガは、ベツリン酸を人体が吸収しやすい形で濃縮して含んでいます。

究極の食物繊維である「水溶性リグニン」

 チャーガは、大変優れた食物繊維でありポリフェノールの王様と言われる「水溶性リグニン」の含有量が極めて高いキノコです。

 水溶性リグニンは、強力な抗酸化酵素を持つポリフェノールの一種であり、また良質な食物繊維でもあります。腸内バランスを整えたりコレステロールや脂肪に働きかける作用があり、健康、美容、ダイエット、便秘解消などをサポートする物質としても注目を集めています。
 本来、リグニン(ウィルスが増殖する時に使う酵素を抑える働きがある)は、高分子で不溶性のため人間の細胞内には入り込めません。しかし、チャーガに含まれるリグニンは、チャーガが持つ白色腐朽菌の作用で水溶性に変化して、体内に浸透しやすくなっています。
 また、優れた抗ウイルス作用や抗酸化作用などで様々な症状に対しても生理活性が期待されています。特にチャーガから抽出されたリグニンでHIV(エイズ)ウィルス抑制作用が強いという事が報告されています。

骨の健康とがんの新生血管阻害「エルゴステロール」

 エルゴステロールは、ほとんどのキノコに含まれているビタミンDの前駆体です。例えば、生シイタケを紫外線にあてるとビタミンDに変換されることが知られています。
 ビタミンDは、血液中のカルシウムやリンを骨や歯に運び、沈着させます。また、血液中のカルシウム濃度が低くなると、骨からカルシウムを溶出させ、一定の濃度を保つ働きもしています。  さらに、ビタミンDには、腸からのカルシウムの吸収を助ける働きもあります。「骨粗鬆症の予防」として、「胃腸の弱い方」や「胃・腸の手術をした方」、「高齢で腸の吸収力が低下している方」には不可欠なビタミンなのです。
 さらに、エルゴステロールが、がん細胞への栄養供給のためにがん細胞が作り出す新生血管の増殖を阻害する働きがあることがわかりました。

脂肪肝と糖尿病予防に「イノシトール」

 イノシトールは、神経細胞や筋肉組織を構成するビタミンBの一種です。身体にとても大切な栄養成分であり、果実に多く含有している水溶性ビタミンです。

 肝臓に脂肪が貯まるのを予防したり、LDLコレステロールを低下させたり、脳細胞への栄養補給や抜け毛・湿疹の予防など、大切な役割を果たしています。脂肪の流れを良くしてくれるビタミンなので、「抗脂肪ビタミン」とも呼ばれています。
 イノシトールが体内で不足した場合、抜け毛が増えたり、肝機能が低下する他、糖尿病のリスクが高まることが確認されています。

体内機能の正常化に欠かせない「ミネラル」

 チャーガには、様々な生理機能に欠かせない鉄(赤血球をつくるのに必要な栄養素)・カリウム(高血圧に関わるナトリウムの排泄を促して血圧を下げる作用)・マグネシウム(体内酵素の正常な働きと、エネルギー産生を助ける。血液循環を正常に保つ)・亜鉛(DNAや蛋白質合成に関係・細胞分裂に必要なため不足すると免疫機能が低下・糖代謝にも必要・味覚を正常に保つ)・マンガン(体内酵素の活性化)などのミネラル分が豊富に含まれているため、食生活では補い切れない栄養分の摂取をサポートできます。

注意点と副作用について

 腎臓病・腎不全・透析などでカリウム制限のある方は使用を避けて下さい。

 キノコアレルギーのある方は使用を避けて下さい。

 副作用の報告は上がっておりません。


大切なメモ

大切なメモ

大切なメモ

ここで取り上げた情報は、様々な機関の研究データ・実験データ・臨床結果・文献などから、一般的に言われている内容をまとめたものです。一般に販売されている商品の効果効能を保証するものではありません。

ここで取り上げた情報は、様々な機関の研究データ・実験データ・臨床結果・文献などから、一般的に言われている内容をまとめたものです。一般に販売されている商品の効果効能を保証するものではありません。


お勧め商品のご紹介

森の奇跡茶

 ロシア産チャーガ®100%
 ロシアの大自然で育まれたチャーガ(日本名:カバノアナタケ・別名:シベリア霊芝)を100%使用した贅沢なチャーガ茶です。

森の奇跡茶

 ロシア産チャーガ®100%
 ロシアの大自然で育まれたチャーガ(日本名:カバノアナタケ・別名:シベリア霊芝)を100%使用した贅沢なチャーガ茶です。

t-herb

  • 「t-herb Yahoo!店」(外部リンク)へ移動
    インターネットで「Yahoo!店」から商品を購入
    ※「クレジット」「コンビニ払い」「ソフトバンクまとめて支払い」「ドコモ ケータイ払い」「auかんたん決済」「モバイルSuica」
  • 「t-herb 楽天市場店」(外部リンク)へ移動
    インターネットで「楽天市場店」から商品を購入
    ※「クレジット」「楽天バンク決済」「銀行振込」「コンビニ払い」「auかんたん決済」「iD決済」「楽天Edy決済」
Page Top
戻る