菊芋(きくいも)

「菊芋(きくいも)」はこんな方にお薦めです

  • 血糖値が心配な方
  • 免疫力を向上させたい方
  • 生活習慣病を予防したい方
  • アトピー性皮膚炎などのアレルギーでお悩みの方
  • 低インシュリンダイエットをしたい方
  • 腸内環境を整えたい方
  • 便秘でお悩みの方

菊芋(きくいも)とは

菊芋の花

菊芋の花

学名「Helianthus tuberosus」
和名「菊芋(キクイモ)」
英名「Jerusalem artichoke」
別名「アメリカイモ、ブタイモ、サンチョーク、エルサレムアーティチョーク」

菊芋の塊茎

菊芋の塊茎

 キク科ヒマワリ属キクイモ。北アメリカ北部~北東部が原産。
 高さ1.5~3mになる多年草。9~10月に黄色の花をつけ、10月末頃に地中に球根(塊茎:かいけい)を作ります。
 他の芋類と違い、塊茎にはデンプンをほとんど含みません。主成分は、多糖類イヌリン(inulin)を含む食物繊維で、10~20%がイヌリンです。菊芋は、世界一、イヌリンを多く含む植物なのです。

 菊芋の主成分ともいえるこのイヌリンこそが、話題を集めているのです。近年ヨーロッパでは、様々な研究が進み、非常に栄養価が高いことがわかり、健康食としての活用が進み、日本でもようやく話題になってきました。

天日干し中の菊芋

天日干し中の菊芋

 日本には、江戸時代末期にアメリカから家畜の餌として導入されました。第二次世界大戦後の食料難を乗り切る為に代用食として栽培され、現在では、飼料とする他に果糖の原料や食用として栽培されています。

 非常に生命力・繁殖力が強く、わずか1cm角程の破片からでも一年で2kgにもなる事があります。栽培も比較的容易です。
 但し、野生化したものが在来種を駆逐する危険があるため、「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(外来生物法)」で「要注意外来生物」に指定されています。

血糖値の悩みに注目のイヌリン

 糖尿病が強く疑われる成人男女が、約950万人を上回ることが、厚生労働省の「2012年国民健康・栄養調査結果」の推計で明らかになりました。
 糖尿病の有病数調査は、5年に1回推計されていて、前回の2007年の推計から約60万人増えました。 さらに糖尿病予備群といわれる人は、1100万人いると推定されています。つまり、5人に1人は血糖値が深刻な悩みとなっているのです。

 今や国民病もいわれる糖尿病は、日本人にとって大きな問題になっています。

 その糖尿病対策に有効なのが菊芋茶です。菊芋に含まれるイヌリンは自然界のインスリン(insulin:インシュリン)とも言われ、血糖値を下げる作用があるので、糖尿病対策に適しています。より効果を上げるためには食事中に飲むと良いでしょう。

低インスリンダイエット(低インシュリンダイエット)をサポート

菊芋茶

菊芋茶

 血糖値を低く保つことで、インスリン(インシュリン)の脂肪合成を阻止し、脂肪燃焼を促進するダイエット方法です。 菊芋茶には血糖値を下げる作用があるため、低インスリンダイエット(低インシュリンダイエット)の効果を高めるためのサポートとして非常に適しています。

生活習慣病の予防からアレルギーの改善まで

 イヌリンは腸内で分解されフルクトオリゴ糖となり、腸内善玉菌を増やす効果があります。
 腸内善玉菌が増えることで、便秘症の解消、腸管免疫の活性化による免疫力向上、がん予防、さらにアトピー性皮膚炎などのアレルギー性の症状の改善にも効果があると言われています。

豊富なイヌリンと食物繊維、さらにミネラルも

 乾燥した菊芋は、56%以上がイヌリンです。
 さらに食物繊維に続き、ミネラルとして「カリウム・カルシウム・マグネシウム・リン・ナトリウム・鉄・マンガン・セレン・亜鉛・銅」、ビタミンとして「ベータカロチン・B1・B2・C・サイアミン・リボフラビン・ナイアシン・ビオチン・アスコルビン酸(ビタミンC)」などが豊富に含まれています。

 まさに、自然界のサプリメントです。

菊芋の副作用

 これと言った副作用の報告はありません。
 整腸作用から、一時的におなかが張ったり、便が緩くなることもあるので、使い方で調整をして下さい。
 ビタミン・ミネラル、食物繊維が豊富に含まれていますので、かなりの過剰摂取をしなければ問題ないと思われます。


大切なメモ

大切なメモ

大切なメモ

ここで取り上げた情報は、様々な機関の研究データ・実験データ・臨床結果・文献などから、一般的に言われている内容をまとめたものです。一般に販売されている商品の効果効能を保証するものではありません。

ここで取り上げた情報は、様々な機関の研究データ・実験データ・臨床結果・文献などから、一般的に言われている内容をまとめたものです。一般に販売されている商品の効果効能を保証するものではありません。


お勧め商品のご紹介

 「自然界のサプリメント」自然界のインスリンと言われる水溶性植物繊維であるイヌリンを世界一多く含む植物が菊芋です。ミネラルとしてカリウム・カルシウム・マグネシウム・リン・ナトリウム・鉄・マンガン・セレン・亜鉛・銅、ビタミンとして、ベータカロチンB1・B2・サイアミン・リボフラビン・ナイアシン・ビオチン・アスコルビン酸(ビタミンC)などが豊富に含まれています。

 「自然界のサプリメント」自然界のインスリンと言われる水溶性植物繊維であるイヌリンを世界一多く含む植物が菊芋です。ミネラルとしてカリウム・カルシウム・マグネシウム・リン・ナトリウム・鉄・マンガン・セレン・亜鉛・銅、ビタミンとして、ベータカロチンB1・B2・サイアミン・リボフラビン・ナイアシン・ビオチン・アスコルビン酸(ビタミンC)などが豊富に含まれています。

t-herb

  • 「t-herb Yahoo!店」(外部リンク)へ移動
    インターネットで「Yahoo!店」から商品を購入
    ※「クレジット」「コンビニ払い」「ソフトバンクまとめて支払い」「ドコモ ケータイ払い」「auかんたん決済」「モバイルSuica」
  • 「t-herb 楽天市場店」(外部リンク)へ移動
    インターネットで「楽天市場店」から商品を購入
    ※「クレジット」「楽天バンク決済」「銀行振込」「コンビニ払い」「auかんたん決済」「iD決済」「楽天Edy決済」
Page Top
戻る